トイレ 掃除 黒ずみ

トイレの黒ずみを取る

トイレの黒ずみは、気づいてすぐに掃除すれば、比較的簡単に落とすことができるものですが、 放っておくと、なかなか落ちなくなってしまうことも少なくありません。

 

トイレの黒ずみの原因は、尿石が固まったものとも言われたり、汚れに雑菌が溜まったもの、 汚れにカビが生えたものなどの説があります。

トイレの汚れの多くは、アルカリ性の汚れだと言われますが、 原因は違っても、黒ずみもアルカリ性汚れのようです。

 

トイレの黒ずみ退治は、黒ずみができている場所によって異なります。

便器の下のほうにある水溜り部分にできた黒ずみは、 水溜りの水をポンプで抜いたり、タオルで吸い取ったりして水を全部抜き取り、 市販の酸性トイレ洗剤を汚れが浸るくらい注いで、しばらく放置すると、 酸が、アルカリ汚れに効いて、きれいに落ちることが多いようです。

 

便器の水が流れ出てくる部分の黒ずみは、 酸性トイレ洗剤をトイレットペーパーに浸して、洗剤湿布をしたり、 重曹やクレンザーで磨いたり、耐水ペーパーでこすり落としたりするようです。 水が出てくる部分の汚れは、なかなか落としにくいので、普段からの掃除が大切な部分です。

 

そして、トイレタンクの中も、黒ずみ汚れが覆い部分。 トイレのタンクの中も一度チェックしてみて、掃除しましょう。 トイレタンクは、重曹やクレンザーで磨いたり、パイプ洗浄剤のようなもので掃除するケースが多いようです。

 

トイレの黒ずみは、サボったリングとも言われ、こまめに掃除していれば、出てこないものです。 大掃除の機会に、トイレの黒ずみをしっかりきれいにし、 来年の大掃除では困らないように、こまめに掃除をするようにしていくことも大切です。